NewYorkから セラピストのブログ 

Featured Posts

自由に気持ちよく、自分らしく生きたいと思うすべての人に


ふと以前Youtubeでみた動画を思い出しました。アメリカ版英語の動画です。

 

女性がカーテンの向こう側にいるアーティストに、自分の顔を言葉で説明して、

それだけを元にアーティストが顔を描く。自分で自分の顔の説明をするの。

「顔が丸い」とか「そばかすが多い」とか。

 

その後、今度はその女性に直接会った人が
女性の顔の説明をカーテン越しにアーティストに伝え、

再び同じアーティストが描く。

アーティストは本人の顔を見ることなく2枚のバージョンで一人の女性の顔を描くわけです。

 

そして最後に2枚の絵を比べます。本人が伝えて描いたものと、他人が説明して描いたもの。

これを10人ほどの複数の女性がやります。

 

この2枚を比べた時どうなってると思いますか?
同じような顔になっているのか?

 

結果は、自分で説明して描いたものの方が、他人が伝えたものより暗い表情だったり幸せそうじゃなかったり、悲しそうな顔になっていました。

他人の目の方が素敵に見てるのね。

 

自分が見る自分の姿と、他人から見えてる自分の姿にはギャップがあるというのがわかります。
 

動画を探したらありました。3分ほどの短い動画。
https://youtu.be/XpaOjMXyJGk

 

改めて見てみたら石けんでお馴染みDoveの制作というもの。

ドローイングしてるのはFBIでトレーニングを受けた法廷アーティストで、
絵が確かにそれっぽい 。

 

それはさておき、2枚の絵を本人に見せた時、彼女たちは一瞬はっとしてその後涙します。

自分をそんな風に見ていたということに気づいた瞬間です。

Doveらしく感動的な仕上がりとはいえ、見ているとぐっと胸にくるものがあるのね。

彼女たちの表情や流す涙に、女性の抱えている悲しみや傷つき、痛みを感じるからなのでしょう。

 

メディアでは日々女性のルックスについて取り上げられています。

ルックスの美しさがまるでその人自身の価値を表すかのように。

容姿で品定めされているかのように。

そして女性は傷つきながら自分に批判的になっていく。

 

女性と書いたけどきっと男性も同じ体験があるでしょう。

 

You’re more beautiful than you think.


​ビデオの中の言葉です。

 

これを読んで下さっているあなたも、みんなそれぞれにとっても美しいですよ!

 


何かのイベント前に、ただでさえ忙しいのに

子どもの行事やら風邪 ひいたりやら、そんな時に限って電化製品が故障したり思いがけない人から連絡が来たりなど

あれやこれや重なってあっぷあっぷしちゃう時ってありますよね。

 

そういう時にうっかり大事な用を忘れてしまったり、がつんとくるような失敗をして自己嫌悪に陥ってしまった経験ないですか?

 

忙しさがピークの時なんですもん、

失敗することだって思ったようにできないことだってあります。

そりゃあ完璧にこなせたら素晴らしいけど、

ロボットじゃないんだからそうはいかないこともあるじゃない。

 

普段私たちいろんな役をこなしてます。

配偶者として、親として、誰かの子どもとして、彼氏彼女として、友人として、職場で、
​学校で、習いごとで、趣味の中で、コミュニティで、ネットのバーチャルな世界で等々。

 

それぞれの立場の中でもまたさらに細かくいろんな役割があったりして。

 

いっぱいあって忙しいですー、 頭の中も身体も。

自分なりに精一杯やってますよって。

 

忙しさ満開ピークの時なんだから、失敗してもあまり自分を責めないでね。

 

人は他人よりも誰よりも、実は自分に一番厳しく批判的って知ってますか。
 

でもあっぷあっぷしてる時に自分で自分を追いつめちゃったら、
失敗をばんかいする大事な力も衰えちゃうから。

 

忙しさピークの時の失敗は、自分に限界を示しているサインと受け取りましょう。

 

そして一晩落ち込んだら、自分を責めるのは止めて気持ちを切り替え、

状況を見渡して対策を練ってください。
 

責め続けられなかった自分の心が"ありがとう"という思いを込めて、
"よっしゃやるよ~"と良い仕事をするでしょう!


 

PS このブログのページでこれ以上写真を小さくできなくていつもどでかい写真。特に縦の写真がでっかくて面積いっぱいです。見にくかったら誠にすみません (._.)
​​

 

 

カウンセリングに来る人は何らかの問題を感じていて、

それを何とかしようと思ってカウンセリングを訪れる、、、

と以前書きました。

 

勇気を持って積極的に自分のことに取り組んでいますね!

 

ところで、見方を変えるとその問題や症状は本人にとっての解決策でもあるんですよね。

 

例えば、過食症になっている場合

過食症を単に問題ととらえがちだけど、

過食することで気持ちを紛らわしたり、コントロールの主導権を自分が持ったり、

一時的な安心感や満足感をもたらしたりと、

そうすることで何かに精一杯対処してることでもあるんです。

 

精一杯何に対処しようとしているか、、、これはもっと深いところに根っこがあるのね。

 

なのでこの解決策である過食を「はい止め!」とただ取り上げると、

もっとバランスを崩してしまいそうなので止められないと無意識が言っていたり、

過食を止めたとしても、ほかの対処法が見つからないとまたあっという間に"問題"が戻ってきたりします。

 

皆さんも問題だと思っていることが、実は自分を守る対処法になっていることないですか?

 

その問題がその人の中でどういう役割を果たしているのか、

心の奥深くで何に対処しようとしているのか、

ベターバージョンの対処法は何なのか、

それをどうやって身につけていくのか、

 

こういったことをカウンセリングの中でカウンセラーと一緒に探っていきます。

自分を発見していくのはなかなかに実りある素晴らしいJourneyですよ。

 

そしてその発見、気づきが次のステージに進む大きな一歩になるのね。

 

たくさんの人にこの未知との遭遇体験してほしいです!

   :)

 

 

 

 

白いワンピースに赤いカーディガンで出かけていて、友だちから 日の丸カラーと言われていた日、見上げたエンパイアが同じ紅白で縁起良いーと嬉しくなりました:)皆さんにも縁起の良さをシェアしたいです。良いことがありますように!


 

 

 

Please reload

ブログ春の引越し

April 6, 2016

1/10
Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive